知っていますか?うつ病の基本的な症状ってどんなもの?

知っておくことの重要性

現代では珍しくなくなったうつ病ですが、その症状についてどの程度知っているでしょうか。症状についての知識がまったくなければ、自分がうつ病になったとき、あるいは身近な誰かがうつ病になったとき、重症化するまで気づかない、ということにもなり得ます。また、偏見によって治療中の人に余計な負担をかけてしまうこともあります。うつ病は治療が必要な病気です。気合いと根性で治せるものではありません。早期発見と治療中の人への理解のためにも、基本的な症状を知っておくといいでしょう。

主な精神面での症状は?

うつ病の症状でもっともよく聞くのは気分の落ち込みです。ですが、ただ落ち込んだときと違うのは、その期間が長いことです。一日の中で落ち込み具合の変化はあるものの、2週間以上気分の落ち込みが続いているなら、うつ病の可能性があります。また、やるべきことがあるのに、まったくやる気がでないといった気力の低下や、今まで大好きだったことに何の興味もなくなった、といった興味の喪失といった症状も、うつ病では起こります。

身体面での症状とは?

うつ病では、時に身体的な症状が強く出る場合もあります。夜眠れなくなったり、食欲がなくなって体重が減少する、といった症状が代表的です。その他、全身の倦怠感やめまい、胃や腸の不調、肩こりや腰痛、頭痛などもうつ病に伴う身体症状です。このような身体症状は、時に日常生活を起こる上で、不都合が起きるほどのときもあります。精神的な症状と違い、自殺には結びつかないかもしれませんが、やはり治療が必要なものであることには違いありません。

うつ病の症状は、夜眠れない・何もする気になれなく無気力・食欲がないなどです。心療内科に通院して直す方法があります。