うつ病について知る。様々なテスト・原因・治療について!

うつ病のテスト、診断について!

うつ病のテストには様々な物があります。インターネットでも自己診断チェックなどが載っています。アメリカの精神医学会が出しているDSMや世界保健機構が出しているICDなど沢山あります。また「ベックうつ病調査テスト」と言うのががあります。うつ病の方は感覚がマヒしている事が多いので自己判断すとと他人が自分をどう見ているかをテストしてもらうダブルチェックも有効です。その後医師とのカウンセリングなどから診断する事になります。

うつ病の原因とは何か?

うつ病の原因には4つあります。1つ目は精神的ストレスで基本的に「嫌だなぁ」と思う事が精神的ストレスに入ります。これが一番多いです。2つ目は構造的ストレスで主に体のゆがみを差します。体にゆがみがあると脳はストレスを感じます。ゆがみは頭蓋骨・あご・全身の筋肉・骨盤などにあたります。3つ目は科学的ストレスで栄養素をさします。栄養素の過剰摂取でうつになりやすく、栄養素以外にも化学物質や匂いで感じる物もあります。4つ目は温度と湿度のストレスです。体は温度に左右されやすくストレスにも弱いです。この4つが原因になります。

うつ病の治療について!

うつ病の治療としては、十分な休養が必要です。責任感が強い患者さんはなかなか休もうとしません。精神的にも心身的にも休めないので家族や医師からの「今は休んで欲しい」事をしっかりと患者さんに伝える事が大切です。薬による治療は抵抗感を持つ患者さんも多いですが「抗うつ薬」は有効とされています。眠れない場合には睡眠導入剤も適用するとよいです。また、カウンセラーとのカウンセリングが必要な場合もありますし、再発しない様に精神療養も必要になります。

うつ病の治療では、早期であれば、カウンセリングや薬ですぐに治すことができるので、早期発見・早期治療が大切です。